2010年03月08日

真次世代PMAGを作る Ver.2

前回成り行き任せで作成した次世代用PMAGのVer.2です。
あちこちから集めた実物PMAGです。
実物パーツが豊富な「タイガーランド」さんが入荷安定でお値段的にもオススメ。



二つを並べてみました。
FGがVer.2です。キレイに収まっています。



それでは簡単な説明です。
まず、次世代マグの中身です。
写真のように給弾側のエッジを下まで落とします。
背中側はそのままでOKです。
この部分で差し込みのテンションが変わります。
給弾口の部分もマガジンに収まるように削ります。
どうせ見えなくなる部分なので、金やすりでゴリゴリいってます。



マガジンケース側ですが、フォロワーガイドとして、3カ所に凸があります。
マガジン上部のみ削ってしまいましょう。
ここを削っておかないと、中身を入れたときに上部が広がってしまいます。



マガジンケースにボルトストップ機構の逃げを作ったらあとは組み立てるだけです。




底は接着してもよいですが、蓋を使えばそのまま固定できます。



あとはフレームとマガジンあわせて微調整してください。
ね、簡単でしょう?

ロアフレーム、もうダメかもしれませんね。バッファ曲がってます。






Posted by ヤン  at 20:16 │Comments(2)

この記事へのコメント
すごいですね!このまま販売してほしいぐらいですよwwお金ありませんがwww
にしても
あぁーバッファーチューブがお辞儀し始めましたか・・・・ここが弱いですよね・・・・・
こうなったら芋ねじ4本止めで無理やりまっすぐにするかフレーム等々買い替えですかね(´;ω;`)
Posted by ヤナギ at 2010年03月09日 02:28
PMAG自給出来れば安く出来るんだけどね。
こればっかりはなぁ。
バッファーどうしようか考えてます。
Posted by ヤンヤン at 2010年03月09日 13:57
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。