2009年12月09日

SAMSONレイルは次世代74Uに付くのか付かないのか

出来るだけ加工したくない。
バッテリー外付け上等。
という感じで大攻略していきたい。

件のLandArmsのSAMSON Type3です。



マウントでアウターバレルを挟みこんで、そのマウントにロアーレイルをネジで固定する感じですね。
アッパーはスライドさせて下から芋ネジで固定です。

次世代AKはアウターが細いので、何らかの方法で太らせてあげれば付きそうな感じ。
今回は、バッテリー、ヒューズステーになっているパーツをぶった切ってスペーサーにしてみました。
片側を二つに割って仮組です。




そのままだと幅が広すぎてアッパーがはまらないので、少々削って調整します。



アウター基部が長いので、上手い具合にねじ穴とあわせます。
通常片側2本で固定するところ1本になりますが、ここに手を入れるのは大変なので、気にしない方向で。



配線が結構難儀です。
可能ならFET化した方が良さそうです。



そのままですとガスピストンの辺りがスッカスカになってなんとも言えない気持ちになりますので、
ジャンクパーツ等で詰め物するのが良いと思います。
今回は余ってた黒いピストン、バネ、スプリングガイドを上手い具合に組み合わせてそれっぽくつっこんでみました。
可能なら適当な径のアルミパイプとか入れると良いと思います。



というわけで取り付け完了です。
強度はネジの〆具合に依存しちゃいますが、プラのスペーサー、ネジ2本で固定でも思った異常にガッチリ付いています。
緩んだら締めれば良いしね。
余談ですが、マウント部やレイル固定のネジよりも、アウター固定のネジのほうが緩みやすいきがするので、ネジ止め剤とかオススメ。

で、右サイドにPEQ16早速載せてみたらライトの部分干渉して結構前になっちゃうのね。
そんなわけでPEQ15にLiPo7.2vでいきます。
ノーマルマガジン買って来なきゃ。

来年あたりマルイさんからまんまの形で出そうですけどね。





同じカテゴリー(無ければ作ればいいじゃない)の記事画像
真次世代PMAGを作る
コンパクトサイズがしっくり来ます。
でけた
切っちゃえ、と君は!
グロック17 スティブル加工
MASADA ショートバレル
同じカテゴリー(無ければ作ればいいじゃない)の記事
 真次世代PMAGを作る (2010-03-03 19:32)
 コンパクトサイズがしっくり来ます。 (2009-04-29 01:20)
 でけた (2009-04-28 02:46)
 切っちゃえ、と君は! (2009-04-21 02:15)
 グロック17 スティブル加工 (2009-03-22 01:55)
 MASADA ショートバレル (2009-03-03 01:22)

Posted by ヤン  at 21:22 │Comments(0)無ければ作ればいいじゃない

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。